永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛で皮膚ガンなど病気になることはなく、身体に悪い作用はないのです。日本医学脱毛協会からもレーザーの光は皮膚表面から3~4mm程度の毛包に達する程度なので血管や内臓などに影響を与えることはなく、皮膚ガンは紫外線の影響で発症することはありますが、レーザーは赤外線に近いものなので皮膚ガンの心配もないと報告があります。永久脱毛は病気の心配はないですが、副作用として炎症などの肌トラブルがある可能性はあります。しかし永久脱毛はクリニックなど医師が常駐する医療機関でのみ施術可能なので、肌トラブルがあった場合には医師が対応可能なので安心です。

永久脱毛による副作用

「永久脱毛の施術は副作用がでる」と不安になり、施術を行っていかない方もいます。
レーザー治療を行った後に起こることもある症状としては、赤み、毛膿炎(ニキビ)、火傷などがあります。
副作用というのをどのように捉えるかによりますが、これらは施術後一時的に起こる炎症がほとんどで、ずっと続く症状ではありません。
炎症が起こった場合の対応ですが、赤身の場合は、数日程度で自然に治るのを待って治らないなら炎症止めの薬を塗ります。
毛膿炎(ニキビ)の場合は自然治癒は時間がかかるので、塗り薬を使う場合が多いようです。
火傷の場合は予防の対策が大切となります。対策は、肌に合わせてレーザーの強さの設定を行うこと、レーザー照射前に肌を保護するジェルを塗ったり、保湿するために日焼け止めクリームを塗っておくことが大切です。
症状が現れるかは個人差がありますので、クリニックに相談をしながら対策を検討していって下さい。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛が当たり前の現代、特に脇の下のムダ毛を永久脱毛する方は増えます。ムダ毛の自己処理は肌トラブルを引き起こす原因となり、見た目的にも美しくないことからプロによる脱毛によってきれいな肌を維持することは美容面で大きなメリットがあります。しかし、脇脱毛後に副作用でワキ汗が増えたという口コミがあったり、ワキガなのではないかと心配になる方がいますが、これは勘違いです。汗の量が増えるわけではなく、毛が無くなったことで汗が流れやすくなったために洋服などにつく汗の量が増えたように感じるためです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

美容クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、永久脱毛までの高い効果がある脱毛法ではあるのですが、強いレーザーを使用することから肌トラブルの危険性も持っています。
レーザーを照射した時には、熱によって肌表面が軽い火傷を負ったような状態になるので、乾燥や赤みといった肌トラブルが発生することもあります。しかし、病院で行われている脱毛施術でもあるので、施術前には医師の診察やカウンセリングによってその人の肌に合わせて脱毛が進められることになります。敏感肌やアトピー肌の人でも、相談しながら受けることができるのですが、スタッフの処置を間違えてしまえば肌トラブルが発生することにもなります。つまり、信頼のできる病院で受けることが重要になってきます。

永久脱毛 新潟 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です